各地のお得Tipsも惜しみなく公開します。jptwcn@mac.com


by jptwcn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ニセモノ、コピー品の相場

 昨日は襄陽(シャンヤン)市場に初めて行きました。ここはブランドコピー品で有名なところです。事前にいろんなひとにヒヤリングして値切りの目安を調べておきました。
 さて、私の目当てはもう10年くらい使っている名刺入れの買い換えでした。結論から言うと名刺入れは種類も少なくどの店も同じ物ばかりでしたので買いませんでした。買ったものはモンブランのペン。最初の言い値は85元。これを20元でゲットしました。しかし後悔しています。最初にちょっと高くいいすぎた。これは10〜15元が本当の相場でしょう。ロレックスのエクスプローラーは買う気はありませんでしたが聞いてみたら言い値は860元でした。しかし友人は台湾人を連れて買いに行って130元でゲットしたという情報を得ていました。まあ最初は言い値の1/10をいきなり言って、帰る振りをする。だいたいここで1/10より高い値段を言ってくるのでまた帰る振りをする。そこでそれでいいというときと、もう追ってこないときがある。追ってこなければ仕入れ値割れという判断。同じ物は他でも売っていますから、今度は他の店でまた1/10から初めて、最後に少し足した値段で決着といったところでしょうか。
 彼らにしてみれば仕入れ値より1元でも高く売れればそれでいい。所詮ニセモノだし競争激しいし、在庫抱えていても仕方ないから。本物みたいにブランド価値を守るとか相場を崩さないとか、そんな判断は全く必要ありませんから。
 中国語が出来ないから交渉に負けそうと思う必要はありません。向こうは売る気マンマンだし数字くらい英語でも日本語でも通じますから。
 ところで映画のDVDですが、たいてい最初は7元と言ってきます。でも相場は4〜5元です。原価は2元らしい。ロシア語の吹き替えで字幕も入っていないものとか、何にも映らない物があるので注意。といっても買うときにチェックできないのであきらめましょう。所詮5元ですからね。
[PR]
by jptwcn | 2005-10-30 12:58 | 中国