各地のお得Tipsも惜しみなく公開します。jptwcn@mac.com


by jptwcn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北京の厲家菜

e0059882_2173931.jpge0059882_218338.jpg 六本木ヒルズで客単価4万円と言われる「厲家菜」。この北京の本店に行きました。表通りから薄暗い胡同と呼ばれる脇道を入っていくと店名はなく「羊房11号」という住居表示だけが浮かび上がっています。とてもビルゲイツやら政治家も来る店とは思えない一般民家という風貌の店。メニューはコースのみで200元から100元単位で2000元まで。写真の名物の前菜は共通で、値段の違いは高額になるほどフカヒレ、アワビなどの高級素材が追加になります。私たちは500元のコースでしたが、北京ダック以外は確かに美味しかった。店構え、店の由来、そして料理。surpriseもありますので、話題作りに一度訪れてみては。でも5日前くらいに予約する必要あります。
 ところで行ったときにもらった名刺を見てはじめて上海にも支店があることを知りました。好奇心旺盛な私は早速上海のお店も訪れました。結論から言えば上海の店は「超高級中華料理屋」でした。まだ開店2か月くらいとのこと。台湾資本だそうです。今回は200元コースにしようと思いメニューを見たらなんと1000,1500,2000元の3つしかありませんでした!仕方なく?1000元コースにしましたが、内容は先日の500元コースに、少し品数が増え、プリプリ卵と杏仁プリンがデザートで付く程度でした。お店は高級感有るし、トイレは綺麗だし、お皿などは高級品だし、ウエイトレスは日本留学で日本語話すし、北京のとは全く別物の店でした。それでも六本木ヒルズよりは多少安いでしょう。
[PR]
by jptwcn | 2006-09-02 21:37 | 中国